タグ:ksenia ( 2 ) タグの人気記事
ミレインタ 番外編
ともすればクセニアちゃんのストーカーまで始めてしまいそうな管理人です今晩は。

クセニアちゃんのロングインタビューがあってですね、頑張って読んでみようかと思ったんですけどやっぱり途中で挫折してしまいました。
大まかに読んだ感じでは兄ちゃんに似たオープンな性格をしているお嬢さんのようです。
去年の12月からカリフォルニアのテニス・スクールに通っているそうで、アメリカでの奔放な生活を楽しんでいる模様。
ミレも言っていましたが子供時代は色々と大変だったみたいですね。
今ではそれも必要な経験だったと感じているようです。
英語の成績は小さい頃から良かったみたいですよ。
テニスのアイドルはアンドレ・アガシとマルティナ・ヒンギス。
プレイヤーとしても人間としても憧れの存在なんだそうで。
で、やっぱり兄ちゃんについても聴かれている訳で、そこだけ抜粋しますね。


全文はこちら。⇒pressball.by

―あなたにはお兄さんがいますね。ベラルーシ国籍ではないけど・・・。

「えっと、何と言ったらいいのか・・・私自身は国籍を変えるつもりはありません。テニスの世界ではその必要が無いから。選手たちはみんな自分自身の為にプレイしていればいい。でもフットボールの世界ではそうはいきません。」

―兄妹で国籍が違う訳だけど・・・。

「問題はまったくありません。もしアルテムがベラルーシ代表としてプレイしていたらワールドカップに出場できましたか?」

―しかしミレフスキーは、例えばジダンとは状況が違います。

「またその質問ですか? アルテムはウクライナ代表としてワールドカップに出場しました。それが選択が正しかったという事の証明です。」

―お兄さんとはよく連絡を取ってるんですか?

「最後に会ったのは2年前・・・いや、2ヶ月前です。お互いのコンディションの事は常に気にしています。彼の成功は私にとっても嬉しいことですから。」

―ワールドカップは見ていましたか?

「もちろん! 自然とウクライナを応援していました。初戦とイタリア戦は残念だったけど、彼らのプレイは素晴らしかったと思います。」

(中略)

―お兄さんに望むことは?

「2、3年のうちにヨーロッパのトップレベルのクラブに移籍できたらいいですね。それがイタリアのクラブであって欲しいと思っています。やっぱりウクライナとイタリアではレベルが全く違うから。」
   
[PR]
by milenista | 2006-12-16 01:07 | INTERVIEW
ミレインタ 番外編
ミレフスキーの妹さん、クセニア・ミレフスカヤ(美人)がテニスプレーヤーだということはこのブログでも紹介したことがありますが、その妹さんのインタビュー(短いけど)を発見したので番外編ということで。
ミレ本人のインタビューを訳しもしないで何やってんのよー、というツッコミが聞こえてきそうですがまあいいじゃないか。
ミレの(内容がまともな)インヤビューは往々にして長いんです。

と言うことで以下FOOTBALL.UAより。
すいません、女性の言葉遣いにするのが難しかったので(・・・)敬語にさせて頂きました。


football.ua

―お兄さんはフットボーラー、あなたはテニスプレイヤー。スポーツ好きな家系なのでしょうか?

「両親は特にそうですね。パパはフットボールのファンだし、ママも何かプレーしていたというわけではないけどスポーツは好きです。今はその全てが私と兄がこの世界で生きていく為の大きな助けになってますね。まだ小さかった時、両親と一緒にトーナメントを見に行ったりしていました。でもパパはアルテムのことばかり気にしていた。彼はその頃にはもう頻繁にキエフに行ってましたから。」

―お兄さんはウクライナからの要請でウクライナ代表としてプレーすることを選びました。あなたにはどこか他の国から(国籍変更の)オファーが来ていますか?

「いいえ、これまでそういったことは一度も考えたことはありません。私はここベラルーシで非常に良い環境の中でテニスができてますから。」

―あなたたち兄弟(一家?)は既に多くの雑音に囲まれていますが・・・。

「私たちもそのことをとても心配していて、家族でお互いをサポートするつもりです。特にアルテムをね。彼の活躍はとても嬉しいんです。彼は望みどおりに道を切り開いているから。私が望んでいるのは彼の成功。何度もキエフまで彼に会いに行っているけど、会うたびに良くなっています。フットボールのレベルもコンディションもとてもレベルアップしています。」
   

雑感。
[PR]
by milenista | 2006-10-03 22:10 | INTERVIEW